「おいしい夢キャンペーン」の夢叶う瞬間に密着!

70周年記念特別企画「おいしい夢キャンペーン」の第一回目を
今年6月に実施しました。

テーマは、『私だけのはかり売りパンを作ろう』。

ご応募いただいた方の中から抽選で、
2名の方に「おいしい夢」を叶えていただくキャンペーンです!

お客様の“本当に食べたいはかり売りパン”を考えていただき、
世界にたったひとつしかないはかり売りパンを
叶えるために、職人が約3ヶ月間奮闘してきました。

商品

2019.10.16

お客様が考える「夢のはかり売りパン」

お菓子やパンは、人それぞれ好みがありますよね。

「私は、こんな食感でこんな味が好き!」

そんなお客様が抱いている夢を叶えたいと思い、
もりもとでは70周年を記念し
「おいしい夢キャンペーン」を実施しました

おいしい夢キャンペーンの記事はこちら

お客様のアイディアは、私たちにとってはいつも刺激的で、
職人たちは、創作意欲をかきたてられます。

おいしい夢キャンペーンに当選したお客様には、
夢のはかり売りパンについてヒアリングシートに記入していただきました!

そのヒアリングシートの内容をもとに
パンチームの職人がお客様の夢を叶えるべく
試作を何度も重ねていきました。

お客様が思い描いているテイスト、素材、形・・・
喜んでいただく顔を想像しながら完成へ。

ドキドキしながら、当日を迎えました!

ついにおいしい夢が叶う瞬間!

今回の当選者は2名。

もりもと店舗までお越しいただき、
夢のはかり売りパンをお渡しさせていただきました。

お一人目は、長谷川さん。
考案していただいた夢のはかり売りパンは、
「抹茶好きのための ザクザクメロンパン」。
(ネーミングのアイディアもいただきました!)

たまたま帰省の際、店舗に買い物しに来ていて企画を知った長谷川さん。
小さい頃からはかり売りパンが大好きで
「プチクロ」や「ちびいも」、「枝豆もっち」をよく買って食べていたそうです。

「抹茶の味わいがしっかりとしていて、
チョコレートがかかっているところもすごく気に入りました。
サイズ感もちょうどいい感じです。」
と、考案したはかり売りパンを試食し笑顔でお話してくださいました。

お二人目は、中垣内さん。
考案していただいた夢のはかり売りパンは、
「カリカリキャラメルパイ」。

千歳出身であることから学校給食はもりもとパン。
「もりもとのパンを食べて育ってきました。」と言ってくださいました。
とてもありがたい限りです。

「見た目がまん丸のパイのようで可愛らしい。
キャラメルのカリカリが大好きなのですが、
想像以上の美味しさです。丁度いい甘さで、すごくおいしい!」
と、試食しながら大変喜んでくださいました。

当選者のお二人の夢を叶えることができ、
私たちにとっても、とても嬉しい企画となりました。

こんな「はかり売りパン」ができました。

「抹茶好きのためのザクザクメロンパン」(上)
「カリカリキャラメルパイ」(下)

という2つのはかり売りパンが誕生しました。


お客様の発想から生まれた味わいですが、
普段からさまざまなパンを作り続けている職人も
目からウロコのアイディアをたくさんいただきました。

改めて、私たちはお客様の思いを形にしていくことが
仕事なんだと再認識する素敵な機会になりました。

夢のはかり売りパンは既に各店舗にて販売中です!
期間限定の商品ですので、ぜひお早めにもりもとへお越しください♪

またおいしい夢キャンペーンは今後、第2回目や3回目も準備予定です!
こちらのWEBマガジンで告知もしますので、ぜひ定期的に覗きにきてくださいね♪

 

関連記事

人気記事

70周年スペシャルキャンペーン

あなたの「おいしい夢」叶えます